羊毛クラフト体験

 
 

羊毛(ウール)ってすばらしい!

羊毛(ウール)でできているものは、私たちの暮らしの中にたくさんあります。
セーターやマフラー、ラグやマットなど暮らしを暖めてくれる頼もしい存在です。
羊の品種にはさまざまなものがあり、たとえば夏でも着ることができるクールウールとして有名なメリノ種、ここ数年で一気に有名になったハリスツイードという服地に使われているチェビオット種など、その用途に応じた品種が使われています。
 

 

えこりん村には、ポールドーセットという品種の、ピンク色のかわいい鼻を持つ羊が約700頭飼育されています。この羊毛の特徴は、むくむくとして弾力があり、型くずれしにくいためニードルフェルト(※)や編み物などにたいへん向いています。
初夏の頃になると毛刈りが行われ年間約1.5t程の羊毛が倉庫いっぱいに積まれていきます。これを選別し、きれいに洗い、繊維をそろえた羊毛でかわいい人形やアクセサリーや手作り用のキットなどの製品として生まれ変ります。
 
注※ ニードルフェルトとは…
ニードルパンチという特殊な針を使って羊毛の繊維をからめて縮めて作った布や立体の総称

hitsuji_about Ecorinvillage

 
もしもニードルフェルトで作品作りに挑戦して、うまくできなかった経験のある方がいらしたら是非、われらがポールドーセットの羊毛を使ってみてください。
さくさくと見違えるような作品が仕上がることでしょう!
 
自信を持っておすすめします。
 
また、いままで羊毛はただふわふわしているというイメージでいた方には、羊毛の幅広い繊維の表情やさわり心地の違いを体感していただくことができるでしょう!
 
 

羊毛クラフトを体験してみませんか?

初めての人でも簡単に30分ぐらいで、かわいい作品を作ることができます。
わからないところや不安なところはスタッフが優しく丁寧に教えてくれるから安心です。
毎日「クラフト工房」で体験することができます。

10月の羊毛クラフト体験
(2017.10.01 - 11.05)

 

ナナちゃん(左)とバッハくん(右)
 
人気のかぼちゃ積み選手権に挑戦!
 

ひつじのバッハくんとアルパカのナナちゃんの大冒険
「収穫の秋。かぼちゃを収穫したよ!」

 
10月に入り秋の訪れを感じるえこりん村。
バッハ君とナナちゃんは秋を感じる旅に出かけました。
「秋といえば食欲の秋だメェ!」というバッハ君。
「秋といえば収穫の秋でしょ!」とナナちゃん。
ふたりは村のはずれで、大きなかぼちゃを見つけました。
 
 

● 初心者でも安心
● 小さいお子さんはお母さんとご一緒に
● ひつじのバッハくん  ¥1,000(税込)
● アルパカのナナちゃん ¥1,000(税込)
● 体験時間:約30分
【受付時間】11:00〜15:00
【場所】 みどりの牧場前クラフト工房