水仙とバラとダリアのイギリスの庭

銀河庭園 

11月1日から4月下旬まで冬季休園中です。
Closing until the end of April.
See you in Spring!
2020年の営業は4月25日から

そこは、撮りたくなる庭。 

広さ10ヘクタール(100,000㎡)の敷地に数多くのテーマを持ったガーデンとエリアがある銀河庭園は、イギリスのガーデンデザイナー、バニー・ギネスがデザインし、2006年にオープンしました。
2008年には食べる為のバラを育てるエリア「ロズビィのバラ畑」を増設。
2016年よりガーデンデザイナー吉谷桂子さんがスーパーバイザーとなり、より花が多く、親しみやすいガーデンを目指して進化を続けています。
 
銀河庭園では、北海道恵庭市の風土にあった植栽をおこない、環境に配慮したイングリッシュガーデンを目指して管理を続けており、用水は地下水を使用し、農薬を使用しない栽培を継続実践しています。
その結果、庭園内には多くの野鳥や昆虫、動物たちが住みつき、豊かな自然を感じていただけることも魅力のひとつです。
 
バニー・ギネスの卓越したデザイン力により、高低差を利用したダイナミックなランドスケープを生み、遊び心のあるセンスにより、おとぎの国に来たかのような雰囲気をもつ銀河庭園。独特の美しい構造物と植物のハーモニーが特徴で、まさに「そこは、撮りたくなる庭」。
 
春の芽吹きから秋の紅葉まで、いつ訪れても、日常から離れてリフレッシュしていただけるガーデンです。

そこは、撮りたくなる庭。 

広さ10ヘクタール(100,000㎡)の敷地に数多くのテーマを持ったガーデンとエリアがある銀河庭園は、イギリスのガーデンデザイナー、バニー・ギネスがデザインし、2006年にオープンしました。

2008年には食べる為のバラを育てるエリア「ロズビィのバラ畑」を増設。
2016年よりガーデンデザイナー吉谷桂子さんがスーパーバイザーとなり、より花が多く、親しみやすいガーデンを目指して進化を続けています。
銀河庭園では、北海道恵庭市の風土にあった植栽をおこない、環境に配慮したイングリッシュガーデンを目指して管理を続けており、用水は地下水を使用し、農薬を使用しない栽培を継続実践しています。
その結果、庭園内には多くの野鳥や昆虫、動物たちが住みつき、豊かな自然を感じていただけることも魅力のひとつです。
 
バニー・ギネスの卓越したデザイン力により、高低差を利用したダイナミックなランドスケープを生み、遊び心のあるセンスにより、おとぎの国に来たかのような雰囲気をもつ銀河庭園。独特の美しい構造物と植物のハーモニーが特徴で、まさに「そこは、撮りたくなる庭」。
 
春の芽吹きから秋の紅葉まで、いつ訪れても、日常から離れてリフレッシュしていただけるガーデンです。

img20190404181531799452.jpg dscn9703.jpg img20190404181704242263.jpg img20190404181734295014.jpg img20190404181801454936.jpg img20190404181820971834.jpg 181003_248s.jpg img20190404181914751071.jpg
img20190405140656367682.jpg dscn9703.jpg img20190404181704242263.jpg img20190404181734295014.jpg img20190404181801454936.jpg img20190404181820971834.jpg 181003_248s.jpg img20190405141314798346.jpg

= 4つのシーズンの見所 =

Golden Flower Weeks(4/29〜5/6)

北海道に春を告げる黄色い花、スイセンが階段状のパノラマでごらんいただける3万球の「銀河スイセンの丘」が一押しです。早咲きのスイセン‘ラインベルト・アーリーセンセーション’中心に全部で10種類の水仙を見上げるもよし、見下ろすもよし、の風景です。庭園内全体では約5万球のスイセンが皆様をお迎えいたします。
 
 
 

Blue Flower Weeks(6/20〜6/28)

宿根草を中心に青い花が最盛期を迎えます。北海道は光線の加減でブルーの発色が特によいといわれていますのでシベリアアヤメ、ゲラニウム、デルフィニウム、セントオーレアなどブルーのグラデーションの美しさに驚かれることでしょう。見所の庭はボートレースガーデンやトレリスガーデン、銀河フラワーボーダーがお勧めです。
 
 
 

Rose  Weeks(6/27〜7/12)

美しく香りのよいイングリッシュローズとオールドローズ中心に、700品種5,000株のバラが開花し、庭園がバラの香りに包まれ華やかで優雅な雰囲気になる時期です。「ロズビィのバラ畑」にある”幸福の扉”や、「ローズガーデン」のツルバラが咲くアーバーなど絵になる風景がたくさんあり、さまざまなバラの表情をごらんいただけます。5,000株のうち約4,500株は食べる為のバラ。
 農薬や化学肥料を使わずに安全に育てたバラを使ったオリジナルのローズスイーツもお楽しみいただけます。

Dahlia Weeks(9/19〜10/11)

秋らしい、オレンジ~赤系のバリエーションが特に充実しています。2018年に完成したダリアがメインの”銀河ダリアボーダー”は今年さらに充実。園内全体ではダリアが100品種2,000株となり見ごたえ十分。見所の庭はドラゴンガーデン、銀河フラワーボーダーがお勧めです。
特にパンパスグラスやたくさんあるオーナメンタルグラスとの組み合わせが銀河庭園ならではの景色として人気です。
 

銀河庭園デザイナー
バニー・ギネス

1994/95年をはじめとし、英国の「チェルシー・フラワーショー」で金賞を計6回受賞するなど、世界を舞台に活躍するガーデンデザイナー。レディング大学のホーティカルチャーの学位を持つ、ランドスケープアーキテクトの有資格者。2001年よりえこりん村のプロジェクトに加わり、この銀河庭園を設計。イギリス在住。
木立に佇む「チェルシーツリーハウス」(1995年金賞受賞)は、英国チェルシー・フラワーショーで金賞に輝いた「小説家の庭」を恵庭に合わせて再現しています。さらに庭園内には「ボートレースガーデン」(2004年準金賞受賞)、「ドラゴンガーデン」(1998年金賞受賞)、英国の童話『楽しい川辺』に登場するネズミの家をモチーフにした「楽しい川辺」(1994年金賞受賞)があります。

銀河庭園 ガーデンSV
吉谷桂子

国内各地の庭園設計に携わるガーデンデザイナー。
TV雑誌等の企画・出演・講師を務めるほか著書多数。
2017年、銀河庭園のガーデンスーパーバイザーに就任し、新たな魅力の開拓と発信を行う。
 今までの基本デザインを活かしながらも、より一層多くのお客様に楽しんでいただくため、季節ごとに変わる感動のシーンが登場します。

2017年にデビューした「銀河フラワーボーダー」もパワーアップ!50mにおよぶダブル・ボーダーとなり、その間を歩くことができます。
宿根草とカラフルな潅木、そして華やかな一年草や球根がお客様をお迎えします。ゴールデンウィークは黄色いスイセン、あとを追ってチューリップが開花、季節の変化で徐々に迫力を増す背の高い草花が咲きそろうシーンが期待できます。

グリーンシーズン中は『えこりん村 公式 Facebook』にて、
毎週末、銀河庭園のガーデナが見頃なところをこっそり配信しています。
『えこりん村 公式 Facebook』はどなたでもご覧いただけます。
 
グリーンシーズン中は
『えこりん村 公式 Facebook』で
ガーデナーが見頃なところを配信中!
 

 
 


銀河庭園&みどりの牧場は有料エリアです。
Galaxy 'Ginga' gardens & Animal Farm 'Midori no Makiba'
<Admission Area>

銀河庭園&みどりの牧場 入園料

Galaxy 'Ginga' gardens & Animal Farm'Midori no Makiba'
 
大人
Adults
中学生以下
15years old & under
65歳以上
65years old & over
障がい者
介助者
Disabled/helper
¥ 1,200  ¥ 600 ¥ 1,000  ¥ 600  
大人1名につき 中学生以下5名まで無料
One Adult fee includes 5 children for free    

 
※各種割引には証明書をご提示ください。
*Ages65&0ver,ID card is required