ふゆみずたんぼ(銀河庭園内)

 
 

「ふゆみずたんぼ」は銀河庭園の中にあります。
2006年から農薬を使用しない栽培を実践、継続しています。
 


デモンストレーション田んぼの概要

「ふゆみずたんぼ」のデモンストレーション田んぼは「銀河庭園」内にあります。
面積は約1,000m²(1反)。ちょうど「田」の字のように4つの区画に分かれています。
用水は地下水を使用し、農薬を使用しない栽培を実践、継続しています(第三者認証は取得していません)。様々な品種の栽培に挑戦してきましたが、2015年現在は「ななつぼし」「ゆきひかり」「はくちょうもち(もち米)」「きたのむらさき(黒米)」「赤毛」「紫稲」の6品種を栽培しています。田んぼが新しくできたことで、どんな生きものがこの場所を選んでやってくるのか、その変遷を実感しながら楽しんでいく、というコンセプトを持っているため、外からの人為的な生きものの持込はしていません。 

「ふゆみずたんぼ」では、
年間を通して、田植え、稲刈りなど作業のほとんどを、体験を兼ねて手作業で行っています。(内容は、年によって異なることがあります)
時期ごとに、苗や稲の生育の調査、田んぼの状態や生きものの調査、収穫された稲の収穫量の調査、土壌分析などを行い、データを蓄積しています。また有機物の無施用区での稲の生育や環境、不耕起栽培の実証、北海道における冬期湛水の実証(結果は株式会社アレフのホームページをご参照ください)、動物による農耕など、一般の農家が取り組みにくいテーマでの調査や実証も行ってきました。
 
「ふゆみずたんぼブログ」では、最新の情報はもちろん。過去10年間の取り組みをまとめて読むことができます。

トノサマガエルを捕まえろ!大作戦

もとの自然をとりもどすために、北海道にはいないはずの指定外来種トノサマガエルを捕まえよう!

場所:銀河庭園内ふゆみずたんぼ
   (恵庭市牧場277-4)
期間:7月22日〜8月18日
時間:① 10時 *開始15分前より受付
   ② 14時 *開始15分前より受付
定員:各回30名(先着順)
料金:無料
          *別途、銀河庭園の入園料が必要です。
◼︎使用する道具類はすべてふゆみずたんぼで貸出します。
◼︎混雑している場合は、感染予防のため少人数ずつの対応 となりますので、受付やイベント開始を少々お待ちいただくことがあります。
◼︎汚れても良い服装と長靴推奨(なくてもできます)

みて、さわって!
たんぼのいきものたち

田んぼや池に暮らすいきものたちを見つけて観察してみよう!

場所:銀河庭園内ふゆみずたんぼ
   (恵庭市牧場277-4)
開催日:7月23・24・25・26日
    8月1・2・8・9・15・16日
時間: 12時 *開始15分前より受付
定員:各回10組(先着順)
料金:無料
          *別途、銀河庭園の入園料が必要です。
◼︎使用する道具類はすべてふゆみずたんぼで貸出します。
◼︎混雑している場合は、感染予防のため少人数ずつの対応 となりますので、受付やイベント開始を少々お待ちいただくことがあります。
◼︎汚れても良い服装と長靴推奨(なくてもできます)

銀河庭園&みどりの牧場は有料エリアです。
Galaxy 'Ginga' gardens & Animal Farm 'Midori no Makiba'
<Admission Area>